2014年10月22日 監督・戦術

偉大なストライカーの条件とは(2007.01)

EURO2008の開幕以来、恒例の夏休みをいただいていましたが、9月に入って新シーズンも始まったので、このアーカイヴの更新を再開します。定期的に読んで下さる方はもうほとんどいないと思いますが、検索で引っかかって見に来られる方はいると思うので ... 続きを読む »

2014年10月22日 監督・戦術

男の料理と雇われシェフ(2007.05)

比較的最近の『footballista』連載コラム。自分の理想のチームを実現することが許されている監督など、世界にはまったく存在しない、ありあわせの選手をやり繰りして何とか機能するチームを作るのが仕事、という話です。 続きを読む »

2014年10月21日 契約・移籍

アフリカの夢と現実(2006.01)

一昨日、UEFAの公式サイトに、「リーガ・エスパニョーラ1部では今後、すべてのアフリカ人選手がEU国籍選手と同じ扱いを受けることになる」というニュースが載っていました。スペイン議会で昨年、アフリカ、カリブ、太平洋諸国出身の労働者を、EU国籍 ... 続きを読む »

2014年10月21日 契約・移籍

最新ヨーロッパ代理人事情(2006.02)

代理人については、ずっと以前にも何回か書いたことがありますが、その後もウォッチを続けています。2006年にこれを書いた数ヶ月後に勃発したカルチョスキャンダルによって、GEAは解散に追い込まれたのですが、モッジJrをはじめGEAにかかわってい ... 続きを読む »

2014年10月21日 W杯・EURO/代表関連

イングランドの敗因(2006.07)

4年前のドイツワールドカップ期間中に書いた原稿の棚卸しその7は、準々決勝でポルトガルにPK負けしたイングランドについて。結局エリクソンは動いて攻めるべき時に動かず、動かなくてもいい時に守りに動いて墓穴を掘るという消極的な采配から脱却すること ... 続きを読む »