2001年

2014年10月16日 監督・戦術

イタリア通信136:攻撃サッカーというスキャンダル(前編) (09.2001)

チッタデッラ4-4サレルニターナ。 9月2日、セリエB第2節の試合結果のひとつである。これがスペインやイングランドならば、「お、派手な試合だったな」という程度の感想で見過ごされるところだろうし、オランダならば単なる日常のひとコマに過ぎないだ ... 続きを読む »

2014年10月16日 契約・移籍

イタリア通信135:稲本が持っていたもうひとつの選択肢 (08.2001)

「イナモトにはうちもオファーを出していたんですよ。彼のことはかなり以前からマークしていました。日本代表のフランス戦、スペイン戦はもちろん、この間のコンフェデレーションカップにもスカウトを送ってプレーをチェックしました。我々の出した結論は、こ ... 続きを読む »

2014年10月16日 クラブ

イタリア通信134:続・バブルの予感 (07.2001)

99年の6月、このページに「バブルの予感」という文を書いた。話の大筋は、移籍金相場の無軌道な上昇と選手の年俸の急騰が、クラブの財政を圧迫しており、このままだと近い将来、バブルが弾けたとしても何の不思議もない、というもの。それから2年、状況は ... 続きを読む »