イタリアと日本、同じ2分間の実況中継比較(2017.01)

2017年1月12日発売の『footballista』2月号は「カルチョ再生計画」というイタリアサッカー大特集。立ち読みじゃ全然読み切れないと思うので、ご購入の上じっくりとお読みいただけると嬉しいです。

同誌には創刊以来「カルチョおもてうら」という連載を書き続けているのですが、、今回はイタリアのサッカー中継のクオリティの高さについて取り上げました。その中に収まりきらなかったのが、文中に訳出したイタリアの実況・解説と同じ場面(トリノダービー前半13分から15分の2分間)で日本の実況・解説がどんな内容だったかを書き起こした内容。

イタリアの実況・解説の方は『footballista』の誌面で読んでいただくとして(うしろから5ページ目にあります)、それに対応する日本の方の書き起こしをここに上げておきます。両方を比較してみると、本文中で触れた日本の実況中継のあり方(受け手にとってのハードルの高さをどこに設定するか)について考える材料になるかと。

——————————
実況:さあアレックス・サンドロです。ストゥラーロにボールを出してファーサイドはマンジュキッチ。ここからケディラ!マンジュキッチに当たったんですがハートがよく反応しました。いやあハートは良く反応しましたね。
解説:足下でしたけど、コースがいきなり変わったのにハートはよく反応しましたね。
実況:さあもう一度チャンス。リヒトシュタイナーからふわっとしたボール。マンジュキッチ!何かシーズンを追うごとに調子が上がってきましたこのマンジュキッチ。
<ここでシュートシーンのリプレイがインサートされる>
最近はイグアインが、残念ながらカンピオナートではゴールを決めていません。むしろマンジュキッチの方がゴールを挙げて来ている。だからユヴェントスにとっては非常にいい流れですよね。
解説:そうですね。この組み合わせの時にはどうしなければいけないかというのが、徐々に見えてきていると思うんですよね。シーズン後半に重要な試合をたくさん控えてますから、誰がもしどういうタイミングで欠けても対応できるように、前半戦から積み重ねていっているというか、経験値を増していってる感じはしますね。
実況:チームの得点源であるイグアインが、残念ながら10月29日以降まだ得点がありません。そんな中このマンジュキッチが調子を上げてきてここまで4ゴール。昨日29歳の誕生日を迎えたイグアインです。
解説:ユヴェントスはチャンピオンズリーグも含めて非常に多くの試合でいろんなバリエーションを使っているので、どれを使っても100%機能するようにするにはやはり時間がかかると思うんですよね。それを今急ピッチで進めていると思うので、それに勝利もついてきていますから、非常にいいと思いますね。
——————————

(2017年1月13日)

About admin

片野道郎(ジャーナリスト・翻訳家) 1995年からイタリア在住。ピッチ上の出来事にとどまらず、その背後にある社会・経済・文化にまで視野を拡げて、カルチョの魅力と奥深さをディープかつ多角的に伝えている。 新しい著書(共著)『元ACミラン専門コーチのセットプレー最先端理論』が好評発売中。 他の著書に『チャンピオンズリーグの20年』、『増補完全版・監督ザッケローニの本質』、『アンチェロッティの戦術ノート』、『モウリーニョの流儀』がある。『アンチェロッティの完全戦術論』などイタリアサッカー関連の訳書多数。

マスコミ・ジャーナリズムの最新記事

最新記事