2014年10月13日 クラブ

イタリア通信034:クラブは誰のものか (11.1998)

イタリアで、経営者がプロサッカークラブを維持し切れなくなった場合、最も普通に考えるのは、経営権を誰かに売却することである。これは珍しいことでも何でもない。 昨シーズンはセリエBの名門、ジェノアとトリノのオーナーが替わったし、Aのヴィチェンツ ... 続きを読む »

2014年10月13日 クラブ

イタリア通信032:WE HAVE A DREAM (11.1998)

「シモーニは幸運だ。彼にはあと8日間、2試合のチャンスが残されている。今すぐに監督を替えるのはどう考えても得策でないことはわかりきったこと。もしこの12時間のうちにもっとドラスティックな対応が取れるのなら、そしてその方がベターだという確信が ... 続きを読む »

2014年10月13日 W杯・EURO/代表関連

イタリア通信029:新生イタリア代表、順調なスタート (10.1998)

ワールドカップが終わったばかりだというのに、ヨーロッパではもう、2000年欧州選手権(オランダ・ベルギー共催)に向けた予選が始まっている。 スペイン、ドイツが緒戦を落とし、イングランドもブルガリアに引き分けるなど、出足でつまずく強豪も多い中 ... 続きを読む »

2014年10月13日 イタリアサッカー雑感

イタリア通信028:広がるドーピング疑惑の波紋 (10.1998)

イタリアサッカー界が「ドーピング疑惑」に揺れている。 オフシーズンの7月末、ローマのゼーマン監督がヴィアッリとデル・ピエーロというユヴェントスの新旧キャプテンを名指しで、暗に禁止薬物の使用を疑う発言をしたことに端を発したこの問題は、調査が進 ... 続きを読む »