2014年10月15日 イタリアサッカー雑感

イタリア通信117:セリエAの序盤戦をめぐって(2) (12.2000)

前回からの2週間で、セリエAの順位表にも多少の変動があった。アタランタは依然、2位で粘っているものの、ウディネーゼ(ミラン、ローマに連敗)とボローニャ(ヴィチェンツァに引き分けバーリに敗れる)が足踏みしている間に、2連勝したラツィオとミラン ... 続きを読む »

2014年10月15日 イタリアサッカー雑感

イタリア通信116:セリエAの序盤戦をめぐって(1) (11.2000)

先週までで、シーズンのほぼ1/4にあたる8節までを終えたセリエA。このところ、あまりピッチの上の出来事を取り上げてこなかったので、今回から少々、ここまでの動向を総括的に取り上げていくことにしたい。まずは順位表からご覧いただこう。 セリエA順 ... 続きを読む »

2014年10月15日 プレーヤー

イタリア通信113:もう一度ミハイロヴィッチについて (10.2000)

前回の記事を読んだ読者の方から、ミハイロヴィッチ対する「ジプシー呼ばわり」を人種差別行為だと認めているにもかかわらず、彼のヴィエイラに対する発言だけを「決して許されるべきことではない」としているのは矛盾であり、ユーゴ人選手に対する人種差別行 ... 続きを読む »

2014年10月15日 監督・戦術

イタリア通信110:ゼーマンの憂鬱 (09.2000)

ナポリが2年ぶりにセリエAに戻ってきた。しかも監督は、攻撃一筋のスペクタクルな4-3-3ゾーンサッカーで知られるズデネク・ゼーマンだ。ナポリとゼーマン。「危険なアウトサイダー」同士ともいえるこの組み合わせに、心を躍らせているファンの方も少な ... 続きを読む »